FC2ブログ

プロフィール

仏像彫刻工房「祥」

Author:仏像彫刻工房「祥」
Wood carving studio "SHO"

南都仏師・矢野公祥(やの こうしょう)

奈良・大阪・兵庫西宮において、仏像彫刻の指導、制作を行なっております。

工房や仏像彫刻教室、仏像ギャラリー、展示会などの情報を掲載しています。

Teaching and producing Buddha statue. Wood carving studio in Nara and Osaka, Japan

ホームページ
http://nanto-bussi.com/
ツイッター
https://twitter.com/naraButsuzo

最新記事

カテゴリ

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター

しめ縄と年末年始


年の瀬もせまる、大晦日。
矢野先生の仏像彫刻教室も、年越しの準備万端。

毎年手ずから制作されるという、しめ縄写真をいただきました。

6859.jpg

大きなしめ縄を4つ、小さいもの9個!

6850.jpg

さらには1メートルくらいの長いしめ縄。

毎年同じだけ作られているとのことです。

6851.jpg

仏さまも神さまも、教室の隅々まで行き渡りそう!

矢野先生の年末は、生徒のための木材の準備に掃除に、お墓参り。
大変お忙しいそうなので、今年は市販品にされるのか伺うと、

市販のものでは納得いかん!

と!

多忙な中、伝手で譲り受けた材料で、腕を振るわれるのだとか。
確かに、売り物とは違う、こだわりのデザインや味わい。

神さまをお迎えするにふさわしい堂々たるしめ飾りですね。

矢野先生の職人魂を感じるエピソードです。

6858.jpg

年が明ければ、神社仏閣参りで、またお忙しいという矢野先生。


一方、とある生徒は、初日の出は寝過ごし、散歩先で夕焼けをパチリ♪
静かなお正月を味わいました。

6857.jpg

今年の初詣は、お寺の除夜の鐘をつき、そのまま神社にご挨拶。

2018年は、奈良国立博物館の展示、「春日大社のすべて」を機に、神仏習合が公にされ、話題になった、記念すべき年でした。

春日有職檜物師職預である矢野公祥先生に学んでる縁で、展示会に足を運び、日本の元々の信仰の形を知ることができ。
お寺に次いで神社へお参りしながら、とてもしっくりと、充実した気持ちで新年を始めることができました。

仏さまに、八百万の神さま、本年もよろしくお願いいたします!

6856.jpg

年末は寒波に襲われるも、温かく穏やかなお正月。

6855.jpg

夕日に染まる桜の木。

もう蕾が膨らんでいます。

スポンサーサイト

新年のご挨拶


新年明けましておめでとうございます。

DSC08212 (1)_2

昨年は大変お世話になりました。
また、療養などでご心配をおかけいたしました。

おかげさまで無事、新たな年を迎えることができ、なお一層、皆さまのご健康をお祈りいたします。

新元号に改まる節目の今年、4月の生駒展示会も予定しています。

仏像彫刻を通じて触れる、一人ひとりの「仏さま」。
その楽しさ、自分の手を動かしてもの作りをする手ごたえを感じていただきたいです。

初心者も、上級者も、仏像彫刻のいろはから、本格制作まで、指導いたします。

DSC08247 (1)_2

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年元旦


仏像彫刻教室、仏像ギャラリー空音、年末年始の営業日のお知らせ


年末年始は、下記の期間、お休みとさせていただきます。



仏像彫刻工房『祥』
   12月26日(日)から1月5日(土)まで

ならまち仏像ギャラリー空音<ku-on>
   12月23日(木)から1月4日(金)まで



尚、工房からの新年の挨拶状は、諸事情により失礼させていただきます。
皆さまがよいお年を過ごされますよう、この場を借りて申し上げます。

DSC08061 (1)_2

さて、新年のならまちは1月5日から全国に先駆けての恵比寿祭。
恵比寿祭は、空音のすぐ裏からずらりと行列が続き、毎年大変な賑わいです。

お祭りついでに仏像ギャラリー鑑賞はいかがですか?ぜひ遊びに来てくださいね!



新年、空音展示のご案内

矢野公祥先生作品

 聖徳太子孝養像、展示は終了しました。現在は生駒の工房に引き取られています。
 高山右近像、展示中です。期間未定

DtAhKiWUUAAIyZh.jpg1811kyoto_yanokosho1.jpg

その他、恵比寿祭にちなんだ縁起物、有名寺社の仏像摸刻などをじっくり鑑賞していただけます。

空音へのアクセスなど詳細は <こちらをクリック>

 近鉄奈良駅から商店街を抜けて興福寺の裏手、猿沢池へ。
 池を左に見ながら南に進み、橋を渡って数件目の右手にあります。

寒波到来と噂される年末年始、お体に気を付けて温かくお過ごしください!


第55回 仏教美術展/仏像仏画・展示会レポート!


平成最後の秋。文化の日を挟んで2018年11月2日(金)~4日(日)
伝統ある京都、京都文化博物館にて、第55回 仏教美術展/仏像仏画・展示会が開催されました。

11月1日、搬入の日。

一抱えもある逗子に納められた千手観音を持つ人、
台車いっぱいの荷物やお花が続々と搬入。

本格的なカメラを持った出品者たちが、思い思いに写真撮影に交流にと楽しく過ごしました。
撮影が目的で出品するという人も多い、仏像彫刻愛好家に人気の展覧会です。

1811kyoto_butsuzo1.jpg

1811kyoto_butsuzo2.jpg


入口は、主催・松久一族の渾身の作品がずらり。

宗教芸術院の所長で、展覧会主催である松久佳遊先生彫刻の聖観音さまは、
真や先生の彩色・截金の素晴らしさにも感嘆の声。

1811kyoto_butsuzo3.jpg

若き松久家の仏師・靖朋さんの仁王さんの堂々たる姿と大きさ。
これは奉納されるレベル…と、取り囲む人たちからざわめき。

昨年は1尺(約30cm)とやや小ぶりの仁王像一対を出展されていた靖朋さん。
母である真や先生に話を伺うと、小さいのに、寄木造りという本格的な作りだとか。

寄木造りといえば、運慶・快慶作、東大寺南大門の8mもの仁王像と同じ工法。
縦割りにプラモデルのように細かくパーツを組み合わせて作ります。

小さな仁王像のパーツを再度バラバラにし、それを基に等身大の仁王像を作る!
そんな意図があると伺っていたそのとおり、大きな力士像、迫力です。

1811kyoto_butsuga2.jpg

6階では、美しい仏画の展示

シルクのキャンパスに、岩絵の具と膠(にかわ)で描く、伝統的で本格的な日本画、絹本(けんぽん)。
現在、絹本を学べるのは松久門下くらいだとか。

1年2年かけ、幾重にも色を重ね描く仏画。
美しい。

1811kyoto_butsuga1.jpg

細く切った金で描く截金(きりかね)作品も圧巻です。

1811kyoto_butsuga3.jpg

拡大写真の許可をいただいた諸橋先生作品。繊細で鮮やか!


1811kyoto_daikoku1.jpg

1811kyoto_daikoku2.jpg

矢野先生門下生の大黒さん作品。

扱いやすいカシューといううるしで彩色した鮮やかな観音さま。

色が乗ると、仏像の存在感も華やかさもぐっと増します。

去年はずっしり大きな大黒天を出展され、大黒さんが大黒さん!と印象に残っていました。

会場を見て回りながら、来年の作品の構想を膨らませていたようです。

1811kyoto_yanokosho2.jpg

1811kyoto_yanokosho1.jpg

矢野公祥先生作品、高山右近。

一風変わった仏像に、多くの人がじっくり眺めていました。

先生自ら截金も彩色もされるので、キラリと引き立つ衣の襞が美しい。

3ヶ月ほどの製作期間の内、磔にされた細かな彫りに2ヶ月ほど要したとか。

この1年、療養などを経た先生の姿に重なります。

1811kyotoillust.jpg

第55回、仏教美術展。自由なアイデアやかわいらしくのびのびとした仏像作品の数々、楽しかった(*^_^*)

入門したてで、手足を学び、ようやく仏頭、という生徒も積極的に参加する仏像の展覧会。
極楽浄土を遊覧するような、豪華で、丁寧で、気が遠くなるような時間と技術の注がれた作品の数々。

秋の京都の風物詩、来年も開催されますので、ぜひお立ち寄りください!


奈良吉野・如意輪寺の後醍醐天皇像修復


平成最後の夏、矢野公祥先生が修復された仏像のお話を伺いました。

後醍醐天皇像の修復

奈良の工房からお山を2つ越え、向かった先は後醍醐天皇ゆかりの如意輪寺。
漆職人、指物師、仏師矢野先生など4人の職人チームが集合しました。

修復するのは、毎年9月にお輿でご本堂にお参りされる後醍醐天皇像。

2220 (1)_2

後醍醐天皇像の表面はバラバラに剥がれつつあり、お輿での移動に耐えられない傷み具合でした。
解体し各部を丁寧にメンテナンス。

数百年を経ると思われる像の内部に、銘などはありませんでした。

極端に短く不安定な刺し首。こんなんポロっと取れてまうで、と継ぎ足し。
仏像彫刻入門のテキストにある仏頭の刺し首の長さは絶対です、重要!

破損したお鼻や像の表面も木と漆で古さそのままの質感で修復。

これで何百年も大丈夫!

鞘のみで前からは刀が見えなかったので、柄も制作、刀を構える堂々たる風格が再現されました。

作業の期間は約1ヶ月程。


後醍醐天皇御忌

2219_2.jpg

暑さも和らいだ平成30年9月27日。

奈良吉野の如意輪寺にて後醍醐天皇命日の法要が行われ、矢野公祥先生も参列されました。

勅使4人に担がれたお輿に後醍醐天皇像が乗られ、本堂の如意輪堂にお参りされます。

近畿一円ににわか雨が降る中、幸運にもお天気に恵まれた吉野。

100人ほどが見守る中、お輿を担いだ一行が厳然と本殿に向かいます。

お輿の中は見えにくく、伝統に則り、頭を下げて敬意を表すため、像は見えずじまい。

修復を担当した仏師としては、ちょっと残念でしたが、
かつての天皇のお姿が丸見えでは畏れ多いですから当然です…


後醍醐天皇とは<1288~1339 鎌倉~南北朝時代>

DSC07052 (1)_2

後醍醐天皇は、天皇の上に立って実権を握った院政を廃して天皇親政を実現し、
幾度の失敗や流刑を経て武士の世の象徴・鎌倉幕府をも倒した南北朝時代のキーパーソン。

南朝の正当性を説く『神皇正統記』を残しています。

後醍醐天皇の肖像画は、密教の袈裟や冠、法具を身に着け、歴代天皇の中では異色の姿。

没後数百年を経た、平成から新元号に変わろうという21世紀現在も、
その御陵を擁する如意輪寺では毎年命日に法要が営まれ、
後醍醐天皇自身の姿で本堂に向かう伝統が残ります。

政治の本来の在り方や民衆との繋がり、信仰への強い思いが伺えます。


奈良吉野・如意輪寺 後醍醐天皇御霊殿 特別公開
参考:冊子『祈りの回廊』2018年秋冬号、加島公信住職の特講より

scan-001 (1)_2

平成30年11月2日(金)~8日(日)に如意輪寺御霊殿の後醍醐天皇像が特別公開されます。

如意輪寺とは、創建は平安時代に遡る古寺。

本堂・如意輪堂の背後には後醍醐天皇の御陵・塔尾陵(とうのおのみささぎ)があります。
院政を廃して天皇親政を実現し、失敗や流刑を経て武士の世・鎌倉幕府を倒した南北朝時代のキーパーソン、
南朝・後醍醐天皇の勅願寺です

京都奪還を果たせず吉野で崩御された後醍醐天皇。
「玉骨はたとえ南山の苔に埋ずむるとも、魂魄は常に北闕の天を望まんとす」との意向により、
通常は南向きの御陵が、例外的に北を向いています。

北朝が正当とされた室町・江戸時代は細々と。
南朝正当論が発令された幕末からは、討伐を目指す志士たちの祈願の拠り所として。
昭和の戦前も、戦意鼓舞の象徴とされた如意輪寺。

南朝の評価によって時代に翻弄された如意輪寺は、南朝の歴史をそのまま伝えています。

如意輪寺
www.nyoirinji.com/