FC2ブログ

プロフィール

仏像彫刻工房「祥」

Author:仏像彫刻工房「祥」
Wood carving studio "SHO"

南都仏師・矢野公祥(やの こうしょう)

奈良・大阪・兵庫西宮において、仏像彫刻の指導、制作を行なっております。

工房や仏像彫刻教室、仏像ギャラリー、展示会などの情報を掲載しています。

Teaching and producing Buddha statue. Wood carving studio in Nara and Osaka, Japan

ホームページ
http://nanto-bussi.com/
ツイッター
https://twitter.com/naraButsuzo

最新記事

カテゴリ

ツイッター

検索フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

リンク

FC2カウンター

第24回奈良生駒 仏像彫刻美術展(入場無料)のご案内


奈良・生駒にて、仏像彫刻・仏画の展示会が開催されます。

矢野公祥先生門下の生徒の仏像作品がほぼ一同に会する美術展。

懸命に木と仏に向き合った初心者の手・足・お顔などの入門課題から、気負わず大らかな仏さま。
一般人がここまで・・・というような大作まで、明るく広い会場を賑わせます。

矢野先生の作品はもちろん、同じ松久門下のプロ先生方の作品も出展!

EPSON312_2_2.jpg

会場である生駒市芸術会館 美楽来(みらく)は、まだ新しい建物。
壁のつくりや照明など、毎年開催される矢野先生の仏像彫刻展の希望も盛り込まれているとか。

DSC00385_2.jpg

DSC02793_2.jpg

長らく奈良・生駒で伝統芸術を盛り立てている矢野先生の活躍ぶりが伺えるエピソードですね。

時は奇しくも、平成最後のゴールデンウィーク。
新たな時代を前に、南都・奈良の仏師とその門下の作品展や奈良の行楽はいかがでしょうか。

平成の仏像作品の数々が、みなさまのお越しをお待ちしています。

DSC02783_2.jpg

第24回奈良生駒 仏像彫刻美術展(入場無料)


日時平成31年4月25日(木)~28日(日)
時間午前9時30分~午後5時(最終日は午後4時まで)
場所生駒市芸術会館 美楽来(みらく) Google地図はこちら
生駒市西松ヶ丘2-20 0743-74-1101
連絡先矢野公祥 0743-75-1915
主催 春日大社有職檜物師預職/南都仏師 矢野公祥
特別出品 松久佳遊(松久宗琳仏所所長)
共催一般社団法人 創彩会
後援宗教芸術院(本部)・朝日カルチャー(大阪)・近鉄文化サロン
奈良ウェルネス倶楽部・生駒市芸術協会連盟・仏像彫刻工房「祥」

EPSON312_3_2.jpg




スポンサーサイト

仏像彫刻、生徒作品の釈迦菩薩像


仏像彫刻教室では、初心者のうちは入門テキストの課題。
課題を終えた生徒は、自由に彫りたい仏像を選び、先生の指導のもとに彫刻します。

先日完成した、生徒さんの仏さま、樹下観耕(じゅかかんこう)の釈迦菩薩像。
インドで4世紀頃までに多く作られたガンダーラ仏の模刻です。

201902_3.jpg

仏像が完成すると、皆で囲んで、わいのわいのと鑑賞したり、ナデナデしたり(*^_^*)
ギリシャ石像のような彫りとどっしり感。

写真や旅行が好きな生徒さん自身が、インドやパキスタンの博物館で直接見たという、ガンダーラ仏。
ご本人が受けた印象の片鱗、どっしりとしていて大らかな生徒さん本人の気質が伝わってくるようです

201902_4.jpg


この仏像は、王宮時代のお釈迦さまが、畑の畦道の樹の下で瞑想するお姿。

『ガンダーラ美術に見るブッダの生涯』で紹介されています。

お釈迦さまの生涯や求道、様々なエピソードに添えて数多くのガンダーラ仏の写真が。
とても見応えあり、仏像彫刻生徒の間でも所有者多数の本です。

201902_2.jpg


台座と一体の堂々としたガンダーラ仏摸刻、材料のひのきエピソード。

仏像の材料は、大きな丸太の中心付近、芯を外した希少な部分です。

近年、大きな木材はがくんと減り、このサイズの材料は入手が難しいそうで、矢野先生がいつか彫ろうとしていたとっておきだったとか。森や木、緑が減っています

201902_5.jpg


生徒の彫刻刀を研ぐ矢野先生。

仏像彫刻教室では、刀の手入れも覚えますが、もちろん技術の習得度はさまざま。
三角刀など、2つの面が合わさる形のものは難しく、先生の手が入ることになります。

本当に苦手な人には、三角刀研いだらイカン!とのお達しが出ることも…

でもみんな慣れてきて、それなりに研げるようになります。
ネット動画で包丁の研ぎ方を見て、研いでしまえる主婦の方も。さすがです!




しめ縄と年末年始


年の瀬もせまる、大晦日。
矢野先生の仏像彫刻教室も、年越しの準備万端。

毎年手ずから制作されるという、しめ縄写真をいただきました。

6859.jpg

大きなしめ縄を4つ、小さいもの9個!

6850.jpg

さらには1メートルくらいの長いしめ縄。

毎年同じだけ作られているとのことです。

6851.jpg

仏さまも神さまも、教室の隅々まで行き渡りそう!

矢野先生の年末は、生徒のための木材の準備に掃除に、お墓参り。
大変お忙しいそうなので、今年は市販品にされるのか伺うと、

市販のものでは納得いかん!

と!

多忙な中、伝手で譲り受けた材料で、腕を振るわれるのだとか。
確かに、売り物とは違う、こだわりのデザインや味わい。

神さまをお迎えするにふさわしい堂々たるしめ飾りですね。

矢野先生の職人魂を感じるエピソードです。

6858.jpg

年が明ければ、神社仏閣参りで、またお忙しいという矢野先生。


一方、とある生徒は、初日の出は寝過ごし、散歩先で夕焼けをパチリ♪
静かなお正月を味わいました。

6857.jpg

今年の初詣は、お寺の除夜の鐘をつき、そのまま神社にご挨拶。

2018年は、奈良国立博物館の展示、「春日大社のすべて」を機に、神仏習合が公にされ、話題になった、記念すべき年でした。

春日有職檜物師職預である矢野公祥先生に学んでる縁で、展示会に足を運び、日本の元々の信仰の形を知ることができ。
お寺に次いで神社へお参りしながら、とてもしっくりと、充実した気持ちで新年を始めることができました。

仏さまに、八百万の神さま、本年もよろしくお願いいたします!

6856.jpg

年末は寒波に襲われるも、温かく穏やかなお正月。

6855.jpg

夕日に染まる桜の木。

もう蕾が膨らんでいます。


新年のご挨拶


新年明けましておめでとうございます。

DSC08212 (1)_2

昨年は大変お世話になりました。
また、療養などでご心配をおかけいたしました。

おかげさまで無事、新たな年を迎えることができ、なお一層、皆さまのご健康をお祈りいたします。

新元号に改まる節目の今年、4月の生駒展示会も予定しています。

仏像彫刻を通じて触れる、一人ひとりの「仏さま」。
その楽しさ、自分の手を動かしてもの作りをする手ごたえを感じていただきたいです。

初心者も、上級者も、仏像彫刻のいろはから、本格制作まで、指導いたします。

DSC08247 (1)_2

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成31年元旦


仏像彫刻教室、仏像ギャラリー空音、年末年始の営業日のお知らせ


年末年始は、下記の期間、お休みとさせていただきます。



仏像彫刻工房『祥』
   12月26日(日)から1月5日(土)まで

ならまち仏像ギャラリー空音<ku-on>
   12月23日(木)から1月4日(金)まで



尚、工房からの新年の挨拶状は、諸事情により失礼させていただきます。
皆さまがよいお年を過ごされますよう、この場を借りて申し上げます。

DSC08061 (1)_2

さて、新年のならまちは1月5日から全国に先駆けての恵比寿祭。
恵比寿祭は、空音のすぐ裏からずらりと行列が続き、毎年大変な賑わいです。

お祭りついでに仏像ギャラリー鑑賞はいかがですか?ぜひ遊びに来てくださいね!



新年、空音展示のご案内

矢野公祥先生作品

 聖徳太子孝養像、展示は終了しました。現在は生駒の工房に引き取られています。
 高山右近像、展示中です。期間未定

DtAhKiWUUAAIyZh.jpg1811kyoto_yanokosho1.jpg

その他、恵比寿祭にちなんだ縁起物、有名寺社の仏像摸刻などをじっくり鑑賞していただけます。

空音へのアクセスなど詳細は <こちらをクリック>

 近鉄奈良駅から商店街を抜けて興福寺の裏手、猿沢池へ。
 池を左に見ながら南に進み、橋を渡って数件目の右手にあります。

寒波到来と噂される年末年始、お体に気を付けて温かくお過ごしください!